非モテの今日

基本的に何かしら進展があったら非モテシリーズを更新していくとしよう!!

 

 

ということで、どうも!

生きるためには多少ケチになったっていいじゃない

チリアクタです。

 

生活費は国が出してくれればいいのにね。

資本主義大好きなくせ、らくしていきたい私が今日も非モテの極意を極めていこうと思う。

失敬、

モテおの極意を極めていこうと思う。

 

 

 

進展。

本日2/1時点での進捗をご報告。

話しかけた店員さん 1名

話しかけたスタッフ 1名

 

ジムに1時間滞在

 

とこんな感じになった。

 

 

具体的に見ていこう。

 

 

 

 

 

そう、あれは夜勤入の日、スーパーにて安い食材を買い漁ろうと思っていた日のことだ。

前回買い物をした際、野菜類が軒並み5割引だったことを思い出し、ふと思った。

 

「この店の割引基準ってどこにあるんだ?」

 

残念ながら前回5割引をしていた日は私はやすさにつられ(どうせその日のうちに消費する予定でもあったので)特段賞味、消費期限を確認せずに買ってしまった。

 

しかし、本日は5割引の食材が見当たらなかった。

それもそのはず、すべての野菜が消費期限明後日というアンパイを切っていたのだ。

しかし、それは同時にチャンスでもあった。

この中から消費期限が明日のものを探し出せば、おそらく何らかの割引が効くやもしれない――と。

 

そして数々の野菜の中、埋もれるようにして私にみつかったレタスが一つ。

そいつの消費期限はちょうど明日、わずかに痛みかけの外見も相まって、確実に割引を確信した。

 

そして扉越しに現れる比較的若い女性店員の姿、

好機ッ!!

すかさず右手を垂直に掲げ、右脇からフェロモンを出す。

するとそのフェロモンに誘われた女性店員がノコノコとやってきた。

勝機はわれにあり、

勝利を確信した私はドヤ顔で尋ねるのだ。

 

「割引できますか?」

「担当のものを呼んできます」

 

 

そこからはあっけなかった。

私の脇フェロモンが効かない男性店員の登場により、女性店員とはそこでお別れ、更に男性店員が言うに、

 

「消費期限が当日のものに限り割引とさせていただいておりますので・・・」

 

シャラアアアアアップ!!!

チッキショオオオオオオ!!

 

こうして私のメンタルはズタボロに、

そしてあまり食べたくない痛みかけのレタスを買ったのであった。

なおうまかった。

 

 

 

 

 

 

 

ジムにて。

支払い方法を変えたく、受付のスタッフに話しかけることに成功。

笑顔がとってもチャーミングな彼女は親切にも色々と世話を焼いてくれた。

これはご老人たちが勘違いするのもわかる、なんだか自分が特別な存在になったように感じてしまうのだ。

恐るべきは女性の営業スマイルか、それとも我々日本男児の妄想力なのか。

 

そんな彼女にかける言葉として数点迷った。

ギャルゲ風に選択肢として出すならこんな感じ。

 

1 チャーミングな笑顔で安心しますね。

2 気配り上手な方にお願いできてよかったです。

3 好きです

4 これから二人でレッスンをしませんか?

 

もし僕がプレイヤーだったとしたら4一択なのだが、ゲームと違いこれは現実。

僕の一挙手一投足が未来の僕や周りに影響し、その選択肢をやり直すことはできないのである。

 

そんなわけで僕が選んだのは最も無難な2である。

その時のスタッフさんの顔たるや、

営業テレ顔なのか、本気テレ顔なのか

オレ、バカダカラ、ワカンネェヨ。

 

FallOutなんかのゲームもそうだけど、話しかけることで自分を中心とした変化が周りに起こるってのはなかなかどうして気持ちがいいものだ。

果たして彼女のテレ顔の真相はわからないが、普段の事務的なやり取りでは見ることが不可能なコンテンツを見れたということ自体評価に値するのではないだろうか。

 

 

そして、値切るときは相手に嫌われてもいいやぐらいの気持ちで行くしかないだろう。

客との距離が近い店舗で根切り交渉は行うことにしよう。

 

 

 

さて、諸君。

ここでもう一つ2月の指針を打ち出しておこうじゃないか。

(実際どれくらいで彼女を作るのか、目標は決めれないのであしからず。)

 

2月中に喫茶店や飲食店(チェーン店特に、ファミレス系統を除く)の店員さんと仲良くなろう!

という趣旨のものだ。

以前より喫茶店に興味があった吾輩だが、なかなかどうして、喫茶店に行くためだけに外に出るのが億劫だったりもし、外食自体敬遠しているきらいがあった。

 

だがしかし、客と店の距離が近い店こそ、話し相手を見つけるのにふさわしい場所はないだろう。

私のこれまでのリサーチ結果によると、そこそこの繁華街で、結構狭い店が一番ふさわしいのではないだろうか。

一種、一見さんお断り的な雰囲気すら醸し出しているような場所を見つけるのだ。

 

チェーン店を除いているのは、単にハードルが高いからである。

無論、チェーン店のほうが話しかけやすいという方はそちらで頑張っていただきたい。

私も極力いろんなお店のいろんな店員さんと仲良くなる努力をしてみよう。

 

 

コミュニティを広げるにはまず、身近なところから。

 

 

非モテ諸君、今こそ立ち上がるのだ。

布団の中で携帯電話をいじる日々はやめにして、外に出てみようじゃないか。

案外素敵な出会いが転がっているかもしれないぞ。

 

 

 

 

あっ、そうだ。

完全に余談だけど、だいぶ前に僕が上げたであろう混ぜそばやの記事。

あれも参考にして店を探すのもありかもしれないゾ。

 

では今日はこの辺にして、

See You!!

非モテの極意

モテ期は小学生、その頃は男友達ができなくて本気で悩んでた男の子。

今となっては、ね。

 

ということで、どうも。

彼女いない歴=年齢どころじゃない男、

チリアクタでございます。

 

お久しぶりにございませう。

新年のドタバタと、めんどくささでブログ更新を怠っておりましたが、新年一発目、ここからリスタートを切っていこうかと思います。ハイ。

 

ブログ開始序盤で挫折した企画モノにございませう。

 

夜闇に紛れて点検作業を行う夜勤従事者は、精神安静のためにも現実逃避をする時間を持つ。

その間にチリアクタは気づいてしまったのです。

 

俺は非モテである→非モテである所以を書き出し、そこを改善していくことこそがモテる道なのではないか!?

 

ってね。

 

 

ということで始まりましたぁ〜、非モテ改善コーナー

 

以前から気持ち悪い男の行動などをブログで公開してきた僕だからこそ、

「こういうとこが非モテの悪いところ」

ということに気づける、そして治す努力に繋げられるということです。

 

皆さんにも協力していただきたいのは、並行してボディメイクを行っていくにあたって、私の目標をここに掲げることで目標意識を保つ手伝いをしていただきたい。

報酬はないけどね、ゴエンア。

 

 

まあそんなこんなでとりあえず記念すべき初回を今から作るぞ!!

 

 

 

第一回 非モテ分析会議

 

非モテを分析するに際し、まず知らなければいけないのはモテる男たちとはどういう男たちなのか?ということである。

 

すなわち!

・彼女をとっかえひっかえできる人間

・多数の異性と関係を持っている人間

↑こういうような軟派な人間をトレースしつつ、我々のいいところであり悪いところである

自分に自身がなく、かつ異性への興味は人一倍ある

ところを活かしつつ治しつつしなければならない。

 

この会議の基本的な指針は

モテるようになるまで。

である。

 

モテるとは好意を抱かれることである、LikeとLoveに境界線を持たない。

それがこの会議におけるモテる、という意味である。

つまり、同性の友達でも交友関係を広げることができれば、それすなわちモテるということである。

 

「オタク友達が増えたところで…」「野郎なんてなぁ…」

甘いッ(ここ数年交友関係が広がっていないボッチサラリーマンです)

甘いぞッ(ここ数年ry)

 

最初から彼女ができるわけがないのだ!その事実に気づいたときには学生生活が終わっていたぞ!

最初は女性も友達から、友達を作るにはまず同性から、

つまり、男友達こそ自分を磨き上げる登竜門なのではないかッ!!

間違ってたら逐一教えてくれ! 基本実践系の企画だから私が自分でやってみて無理だな!と感じたら方針変更する!

 

ということで、初回は同性友達を作るための方針会議となる。

運良くモテる友達を発掘できればなお良しという、超絶一石二鳥な計画である。

 

では諸君、

非モテがモテるマンになるまでを会議する会議。

開会とする!!

 

 

 

 

方針1 (素案)

モテるためには自分に自信をつけなくてはいけない。

私が最初に提言させていただきたいのは、

段階的に自信をつけていく手段である。

 

モテるために痩せる、鍛えるといった考え方は間違いではないのだろうが、人間はすぐには変わることができない。

痩せる、鍛えるといった手段で自信をつけていくことはできるだろうが、そこから人に話しかけたりするといったことはまた別のスキルが必要だと思われる。

 

つまり、痩せたりしながら男友達を作り、自信を2段階に分けて育てる。

そしたらいよいよ異性へ話しかける番である!!

 

体にコンプレックスを抱えている諸君はジムへ行こう!(最近休みがちだけど俺も行く!)

体にコンプレックスがない諸君は、ひとまず話しかける練習をしようじゃないか!!

 

まずはBOOKOFF等の中古書をあさりにいけ!

コミュニケーション関連の本を買って読んだり、

ショーケースの中の商品を見せてくれるよう店員さんに話しかけられるようにするんだ。

 

総括

安直にダイエット成功を一つの目標とする人間

 

話しかける練習をする

 

 

これを友達づくりに活用しよう。

 

 

個人目標

2月

・5回以上ジムへ通う(週2回ランニングORジム)

・男友達を作る(男友達とであえる場所を探す)

・摂取Kcalをメモする

 

数値目標

2月

・現状−2Kg

・体脂肪週平均を上旬−下旬で1%以上落とす(どれぐらい絞れるか数値を導く)

・1日摂取カロリーを1500Kcal以内に収める

 

では諸君の健闘を祈りつつ、今回の会議は閉会とする。

私は「北斗が如く」をプレイするゾ!!

 

 

さぁ、モテる男たちを見返す準備を始めようじゃないか。

彼らには尻軽女性、男性をあてがえばいいのだ!

我々の目標は一つ!!

都合のいい異性を作ること!!!!

 

改めまして、

 

世界1の異性を見つけるために努力することである。

 

 

また会おう!

健康診断にて

会社の規定により、健康診断を受けに行くチリアクタ。

 

ということで、どうも。

注射はなんとか我慢できた男、

チリアクタです。

 

 

 健康診断を受けに行くチリアクタ。

初めての病院で右も左もわからないまま、ナスがママに流されていく私。

血圧計に腕を通すとき、袖をまくったほうがいいと思ってまくろうとしたら

「まくらないで!」

って男の人に言われて傷ついた。

まぁ、そんなことはどうでもいいのです。

 

 

 ことは心電図を取る際に起こった。

入る前からタイプの看護師さんがいて、その人が心電図をとる段取りになっていた。

「腹囲測りますね」

 

その一言が僕の何かを崩したのだろう。

「いや…」

何故か拒否する私。

 

「服上げてください」

「う、いや、あ、ハイ」

 

でっぷりとした腹をさらけ出し、へその毛を見られたときから涙が出そうだった。

もう死にたい、心電図を取りながらご臨終で構わないとすら思った。

 

しかしだ、しかし!!

正直ちょっと面白かった。

お互い初対面にも関わらず、僕は相手のことを好意的に見ている、それに加え僕のことをなんとも思ってない女性が僕のお腹を抱きかかえるように測るわけだから、ね。

そう感じた瞬間思ったね、チリアクタ思った。

 

「これは俗に言う犯罪者予備軍ってやつなのでは?」

 

お釣りをもらうときに手が触れて、この人は俺のことをスキなんじゃ?

と思ってしまうぐらい変態的な考えである。

 

それだけでは終わらない。

 

心電図を取るために再度仰向けで腹をさらけ出し、

お姉さんのナスがままになっているとき、

チリアクタ思ったね。

 

「やっべかわいい」

 

なんかめちゃくちゃ可愛く見えてくるんだね、これが。

そう思った途端胸のときめきが止まらなくなったよね。

 

トゥンク…トゥンク…

 

そこですかさず思ったよ

 

心電図を取る人たちはいわば心臓の動きに精通した人々、

俺が一目惚れしてることがバレてるんじゃないだろうか?

俺がちょっと変態的な考えを持ってしまってることがバレているんじゃないだろうか?

 

そう思った途端更に胸がときめいたよね、

チリアクタもう無理だった。

 

ピクッ……ピクピクッ

 

心臓が震えるとともに、

私の体も震えだしてしまった。

想像してほしい。

 

きれいなお姉さんと密室で二人きり、

心電図(吸盤)に吸い付かれたまま、ちょっとニヤケ顔でピクピクしてるデブがベッドの上に横たわっているわけである。

 

怖いよね、キモいよね、ウンウン。

ほんとにすいません。

ただめちゃくちゃタイプだったんです。

 

 

そうだ、キモイをポジティブに受け取れるように改良したんで聞いてくれ。

 

スキな女にキモいって言われたら。

 

キスして

揉んで

一緒にいて

 

の略称だと思うべし!!

 

同様に臭いと言われたら

 

口づけを

再度交わして

インドシナ

      塵芥

 

 

では、さようなら。

 

この前に上げてるVRゴーグルのR18記事は自主的に消す可能性を秘めています。

ご了承くだせえ。

 

 

シモネタおじさん

今日はR18だゾッ!!

 

ということで、どうも。

先日ゴーグルを購入した男、

変態、チリアクタです。

 

 

もしこの記事が削除されるようなことがあれば、関係各所からお怒りを受けたと思ってください。

 

 

 

 

私ずっと気になってたんです。

VRでエロ動画見るのって、どうなんだろ?ってね。

 

超有名エロ動画サイトではVR動画なるものが選択できまして、VRゴーグルを使用してより現実味あふれる体験をすることができるんですが。

 

まああああああ、すごいのなんの。

 

3Dとか目じゃないくらいすんごいの。

どうやってこのエロ動画作ったんだろうってぐらいすごい。

 

 

そしてその動画をゴーグルつけてみてる俺っていったい…という気分にさせられる。

自然と口がポカンとあいて、うわ言のようにうぉ、とかくぅ、とかつぶやいている男性とは私のことです。

変態ですどうもありがとうございます。

 

唯一、

目下一番の問題がある。

恥ずい。

 

めっちゃ恥ずい。

 

考えてもみたまへ、

見目麗しき美女たちが吾輩の瞳を覗き込むように情事にいたる。

そんな夢状況、DTのオイラにはきつすぎるってんだ。

エロい以前に

恥ずかしい。

 

 

やばいね、コミュニケーション能力が皆無の人間にVRゴーグルを渡すとこうなるんだね。

びっくりしたわ。

 

うん。

 

連投するけど次はR15ぐらいのシモネタにするヨ!

環境問題にかかる人々の動きと、なんとなく反骨精神を煽る今日この頃

ということで、どうも。

息を吸うように電力を消費する男、

チリアクタです。

 

環境問題

昨今騒がれている「地球規模」のもんだいです。

地球規模ってなんぞや?とおもうでしょう。

 

僕が今作りました。

 

地球規模の問題というのは、私達に「義務」はないけど、未来に足かせをかける問題を言うのです。たぶん。

わかりやすい例は思いつかないけど、ドラえもんの映画で未来の自分たちへ助けにくるようメッセージを送ることができる機械が登場したんですけど、あんな感じです。当座を凌ぐことはできるけど、後でもう一度同じことをしなければならないということです。

 

ちなむと、

このドラえもんの場合、時間は連続的に未来と過去がつながってできており、無限の未来と無限の過去が存在しているんですね、つまり、明日ののび太に助けを呼ぶことは、過去でのびママとのびパパが出会うところからつながってるわけで、その過去からの時間軸ののび太を呼ぶという認識になるんでしょうかね。

 

 

で、地球温暖化ってあるじゃないですか。

なぜ地球温暖化で異常気象が起こるのか?ということなんですけど、正直調べるのも面倒というしょうもない理由で適当にでっち上げますと。

海面上昇

蒸発する水分多くなる、河川水位なども上がる、

水害が大きく悲惨なものになる。

ということなのではないでしょうか。

 

異常気象自体は前からあったものですが、昨今の意味合いとしては人命にかかる異常気象を指す言葉と捉えたほうが良いかもしれません。

 

で、まぁ、好きじゃないんですね。

もちろん皆さんわかってることとは思うんですが、

ギャンブル依存とかスマホ依存、インターネット依存とか言ってますけど、人類はすでにエネルギーに依存してるわけです。

環境対策と言いつつも、電力を使わなくする方針で話をする人はごく少数かと思われます。

具体的には化石燃料を使わないクリーンな発電、

化石燃料を使用しない車、

等々、微妙なラインで話をしているわけです。

 

ま、環境問題を議論してくれることによって、私みたいなバカでアホな男の子でも環境について考える機会が増えるので、そういった側面では大成功とも捉えられますが、バカでアホな私は更に斜に構える男の子なので、ちょっといやらしい話をします。

 

 

まず、人類はどうするべきか。

 

彼ら彼女らの主張はたいてい政治と政府と環境に無関心な人間に向けられます。

メディアの放送の仕方では彼らの主張の何割伝わっているかわからないので、そこを考慮して読んでほしいのですが。

 

まず、我々は原初に立ち返る必要があるということです。

それぞれの家で作物を育て、森へ狩りにでかけ、週に一度程度肉を食える。

そんな生活に戻れば間違いなく二酸化炭素排出量は低下するでしょう。

ただ、そんなことできる人は少ないわけです。

 

 

 

一般人の戯言だと思って読んでもらって、これを読んで気分を害することは承知で書くのですが。

現状、人間一人あたりの製造費が安い状態なのではないでしょうか。

食べ物は廉価で手に入るし、

医療も充実、

経済もそこそこ微上昇微下降を繰り返して問題なく、

 

なので、子供が増え、人類が繁栄できる時代です。

もちろんそのうち衰退しますけど、それが明日なのか、もっと先なのかはわかりません。

 

極論を言ってしまえば

子供を増やすな

長生きするな

これが環境活動家たちの主張なんです。

もちろん、ちゃんとしたプランや具体的にどうすればいいのか、考えている方はたくさんいると思ってますが、メディアの放送次第で彼らの主張はどうにでも折り曲げられてしまうのです。

 

そう言われると、僕みたいな小市民は反発するわけです。

別に長生きしたいわけでも、子供がほしいわけでもありません。

 

なんとなく、(これが一番怖いかもしれませんね)なんとなく反発しちゃうんですよね。

 

 

根本的な解決は子供を増やさなければいいんですから、

そういう意味では日本が抜きん出て環境問題に解決の緒を見つけているわけです。

AVとかエロ系のコンテンツで日本人たちは生殖機能や本能を満たし、人口増加に歯止めをかけているわけです。

陰謀説みたいな論調になってまいりましたが、

 

環境活動家や政府がはっきりさせなければならないのは、どっちを取るかだと思うのです。

・いつまで続くかわからない抑制した繁栄のもと、人類を首の皮一枚でつなぎ続けるか(環境保護

・現状の命と繁栄を大切にし、人類の寿命を縮めるか(環境を保護せず、経済や政治の流れに任せる)

もっといっぱいあると思いますけど。

 

 

 

ただ、彼ら彼女らをバカにしたいわけじゃないんです。

社会の流れっていうのは信濃川より急流でして、

その流れから飛び出すことは相当危険なんです、勇気がいるんです。

環境活動のシンボル的存在の少女はその勇気ある一員に違いありません、言っていることは幼いし、理想主義ではあるんですが、彼女が、彼女一人が社会の流れを変えたんです。

社会の流れから飛び出して、大きな岩を運んできたんです。

それが流れを二分したとしても、いつか合流できると信じているんです。

本当にすごいと思いますし、尊敬もできます。

 

 

ただ、現実は理想で変えられるものじゃないんです。

現実は行動でしか変えられません。

少女の行動は未来にどう影響するのか、

それをこれから見守りたいと思います。

 

 

 

私の主張

 

 

環境問題に関して言えることは多くありませんが

 

そもそも石油を使ってできた製品を使ってる時点で

「お前が言うな」と言えちゃう問題なので、もはやどうすることもできません。

件の少女も、本当に石油や化石燃料を0で横断するんだったらイカダを作るしかないわけです(それか泳ぐか)

そんなことできないですし、やらせるわけにはいきません。自殺行為です。

今世界中がつながって、世界で一つの意見を出せるのは石油や化石燃料のおかげです。

風力発電水力発電にしたって、製造過程で化石燃料が使われることは容易に理解できることです。

 

んで、

環境活動家の皆様は

「未来の人類のために」というような主張をなされていますが、

今の人類がその目標に向けてできることは口減らしと人口増加の抑制だけです。

問題をより根本から解決するにはそれしかないです。

それと世界が国単位で孤立すること、

最低限の貿易のみであとは勝手にやってくれ状態。

そしたら世界はカオスなことになるでしょうに、

世界を守るために不穏分子と決着をつけようとしている首脳たちの邪魔をすべきじゃないんです。

私達が今生きながらえてるのは抑止力と抑止力のぶつかり合いや、首脳たちの辣腕によるものなのです。

 

今が良くなければ、未来も良くない。

かと言って未来を変えなければ、お先真っ暗。

未来を変えるには、今から苦しむ、

今苦しむと、あとも苦しい。

 

こういうジレンマを抱えた地球規模の問題です。

 

じゃあどうするべきか?

 

・企業等をCO2排出量でグループ分けし、ステージを設ける、ステージを上がるごとに国からの援助や我々一般市民からの信頼や一般市民の購入義務をつくる。ステージが低い企業は環境奉仕金として、CO2排出量に応じたお金を国に支払い、国はそれを環境のために使う。

 

・国民の食品や服などは、国が指定する「環境負荷低減商品」みたいなものだけにする。(義務化)

 

環境負荷のかかる商品は割高にする、注文販売にする。

 

・国民にもステージを設け、その人の体重や年齢から1年のCO2総排出量を決め、それをオーバーすると罰金や環境奉仕活動を課せられる。(完全管理社会)

 

こうすることで経済基盤からエコを作り出し、それを実現できない企業から倒産等をしていく感じでしょうか。

新しい技術で雇用が増えない限り、経済大打撃的な様相を呈しそうですね。

どうしても他の人権問題や何かしらと絡んでしまう面倒な問題が

環境問題ということです。多分。

中国人の採用と、統計学、企業の自由と公私の区別。

 ということで、どうも。

一応ネオナチの考えや、愛国的な考えが大好きな男の子、

チリアクタです。

 

表題を以て、前提を(問題提起)

今回問題視されているところ

・頭がいい経営者(勝ち組)が人種差別とも取られる発言をした

・その発言を重く受け止めていないところ

などなどでしょう。

 

 そもそもの話、同じ経営者でも、赤ら顔で居酒屋で酔っ払ったおっちゃんが同じことをつぶやいたり、喋ったりしただけでは誰も気にしないわけです。

その赤が顔のおっちゃんがTwitterをやっていて、フォロワーが多ければわかりませんが、現状彼が叩かれている要因はそこにあると思われます。

まとめると、

・フォロワーが多く発言力があった

・フォロワーの中には彼の考えに賛同できないフォロワーがいた

・頭がいい人で、経営者という花形のような人物を嫌悪している人もいた

こんな感じでしょうかね?

 

じゃあ、どうしてこれが問題とされるのか(悪口フェーズ)

まぁ、ほとんど答えらしきものを書いちゃいるんですが、取り合えず論理的( ー`дー´)キリッにやろうかなぁだなんて。

 

 世の中には頭のいい選択というものがあると思います。

1つ100円の水を今すぐ飲みたいならその場で一本だけ買うはずでしょう。

しかし、毎月5本ぐらい飲んで、定期購入コースを選ぶことで1本あたりの値段を60円におさめられるのなら誰もがそちらを選ぶと思われます。

このように、よくよく考えて、自分の状況に落とし込んで考えた末の結論が、ほんとに賢い選択なのか人は気になります。

また、これ以上にニッチなことに関してはよく考えてもわかりません。

 

つまり、

・人はどんなにいい選択をしても、それがベストに近い選択なのか気になってしまう。

・どちらのカツラがより違和感がないのかを大衆に聞くのは過ちで、カツラのプロに聞くのが正攻法だと思ってしまう。

 

ということです。

ここで登場するのが「頭のいい人」です。

実際問題として、東大やハーバードを出ているからと言って頭がいいとは言い切れませんが、偉そうに頭でっかちと罵るだけの学は私にはないので、とりあえずその問題はおいといて。

 

経営者や芸能人、人気者やYouTuber、そういったオピニオンリーダーに自らの選択を委ねる人間も少なくありません、また、彼らの思考や行動をトレースすることで、自らも頭のいい選択をできるようにする人間も少なくないと思われます。

 

 

 ただ、一度彼らが倫理的、道徳的に面白くないことをつぶやいた瞬間に手のひらを返すんです。

そもそも人と違うところがあってフォローや尊敬の眼差しを集めた人間がつぶやいた、たった一つの投稿に目くじら立てて騒ぎ立てるなんて。

もとより人と違うなんてことはわかっていたはずなのに。

 

これ以上書くと関係各所に怒られそうなので、次へ。

 

どうするべきだったのか。(対策と予防とか)

そもそも中国人に対する悪感情がなければ

「日本人で固めたほうが、社内の意思統一やリスク管理がしやすい」

などの、「あくまで」日本人がいいよ〜ぐらいの言い方をすればよかったかなと思います。

 

つまり、この「雇用」や「組織体制」としての中国人の存在は容認できない姿勢が見えるかと思われます。

いじめられっこと言うには巨大な国ではありますが、この問題においていじめられっこの中国人にこういうのもなんですが、疑われるようなことをする人たちもよろしくないと思うんです。

もちろん、私も中国人は嫌いじゃないです。中国は嫌いです。

んで、こういうふうに疑われることをする中国人っていうのはきっとお上から命令されているんだと思うんですね。

国とか国の経済基盤を支える企業なんかの、そんじょそこらの町工場のおっちゃんがスパイとか内側から攻撃するための要因として雇われるはずがないんですよね。

 

なんで、中国の国家体型が変わらない以上、中国人に対する悪印象を払拭することは難しいでしょう。

 

こんなこと言うと更に怒られそうですけど、

「単純労働力」として評価されることは多いと思いますけど、他国でのシリコンバレー的活躍は聞いたことがありません。

 

 

話が逸れまくりなので、軌道修正しまして。

 

僕が大好きな経済学とかの観点で今回の問題を見てみます。

 

自由派

雇用するのも経営者の自由で、雇われたい人間が弾かれるというのは日本人でも起こりうることなので、一概にこちらが悪いとは言い切れない、むしろ、使用者の自由なので、彼は悪くないという結論

 

自由派(市場主義より)

そもそも中国人労働者の需要がIT面で増えない限り、雇われることも少ないと思われる。

彼らがそれなりの実力を示し、それを日本や他の国で認められるようになればそのうち彼らが雇われることもあると思う。

 

保護主義

多国籍企業でもないので、自国の労働者人口を増やす必要があると思われる。

他人種排斥の動きになるため、中国人はいらない(他の国の人間もいらない)

 

なんて感じになるんでしょうかね(´・ω・`)

わからんけど( ・ิω・ิ)

 

ここからは僕の感情論、より生の私の意見です。

 

 

「そもそも200人の中国人データって多いのか少ないのかわからん!母体に対して圧倒的に少ないというのはわかる!そんなことはおいといて、なんで自分のフォロワー数を見て発言できないのかな?なんで全員自分の意見に賛同してくれると思ってるのかな?僕みたいに悪口いう人間は一定数に嫌われるの覚悟で書いてるけど、頭良すぎてそんなことすら考慮できなくなっちゃったのかな?

偉そうなインタビューコメントも鼻につくけど、70分の内容じゃないよね、メディア側もあえて発信しないっていうのはどうかと思う、ちゃんと70分をまとめて伝えてくれ。中国は嫌いだけど、そこに住む人たちをバカにする資格は僕にないし、そもそも中国人は嫌いじゃない、簡単なことで、日本を好きになってくれた人は、無償で好きになれる。

要は自分のものさしを他人に披露するってのは、その人間の度量を表してるから、あまりおすすめできたことじゃないぜ

って、一番ものさしを晒してる人間が言ってます。特大ブーメラン食らってます、すいませんでした。

生意気言ってすいませんでした」

 

 

なんで、自分の意見をネット上に投稿するときはその影響を考えて投稿したほうがいいっすね、私なんてユニークユーザー様が数人いる程度なんで、こういうふうに悪口言えますけど。 お願いですから叩かないでください。

 

ということで、炎上には気をつけたいチリアクタがおおくりしました。

 

電車内で足を組むことの正当性と、マナーを注意できる大人の貴重性について。

ということで、どうも。

Twitterにてバズった投稿を見ては癒やされたり考えさせられたりする男、

チリアクタです。

 

主に若者が高齢者たち(特に声が大きく、周囲に恫喝まがいの行動を取る傾向にある人物たち)を「老害」と呼ぶらしい。

つまるところ、現行の「若者の世」において、必要とされていない行動を取る人物たちを侮蔑する際に用いられるらしいが、実際は組織内での世代交代が行われないことを表す表現である。

 

今回取り上げたいのは

「電車内で足を組む女性を注意し、足を新聞紙でひっぱたく、大股で座る高齢男性」

の動画である。

まず前提として、この動画は事件の真ん中しか捉えていないということだ。

 

批判されている点について、その根拠と不完全さを見てみよう。

 

足を組む女性を非難しているくせに、高齢者は大股を広げている!

→最初から大股を広げて座っていたのでしょうか?座っている際に彼女が組んだ足をみて注意するために足を広げ、できる限り女性の方へ体を向けた結果なのではないでしょうか?

結局映像が真ん中しか存在しないため、決めつけるのはまだ早いのでは?

 

(個人的な疑問ですが)電車内で新聞を読もうとしてるのもまた迷惑なのでは?

→これも映像が真ん中しかないので、おじいさんがどうやって新聞を読んでいたのか、読むつもりだったのかわかりません。

 

足を組むことを注意されているのに、また足を組む女性の意図がわからない!

→この点に関してはなんとも言えません。また、組んでもいいじゃない!という意見がちらほら見えますが、それについては次に記します。

 

そもそも満員電車じゃないんだから足組んでも問題ないのでは?

→私は怒れる老人や若者が近くにいたら逃げます、付近に座っている人はよほど優しいか、席を譲りたくない(つまりこんでる)人たちなので、結局この動画を見ただけではその真偽はつかめません。

 

つまり、この動画を見ただけではこっちが悪い!とは言い切れないのです。

全然関係ないけど、あの2人ってカップルなのかな。

それが原因であの女性を擁護する気が起きないのかもしれない。←ここ重要

 

 

この投稿から見える社会

 

先日私はセクハラ等々について長々と記事を書きましたが、そんなに影響力がないと自覚して書いているわけでして、陰口を言っている人間だと思っていただいて構いません。

私もそのつもりで書いてます。

 

で、この陰口、Twitterもそういうツール化しているのではないでしょうか。

 

件の投稿をおじいさんが見たら、Twitterはもっと紛糾するでしょう、しかし大抵の場合「老害」もしくは「どっちも悪い」で落ち着きます。

なぜなのか?

それは高齢者がTwitterを使用する確率が低いという固定概念が生んでいる現象だと思われます。

つまり、自分の意見を否定する人間が少ない上、多数決が如実に現れる世界がSNSだと思います。

老害」というコメントが「擁護」というコメントを上回ると全員が「炎上」を恐れて老害を連呼することにつながるのではないでしょうか。

 

しかしながら、男性であればこんなことは起きなかったかもしれないなどのコメントも散見されています。

つまり女性であったから注意されたと。

それはわからん。としか言えませんが。

一つ私の経験から言えば、自分より弱い人間に対しては強気に出れるのが人間という生き物だと思うので、このおじいさんにとって女性は自分より弱い存在なのだと言うことでしょう。

(弱い立場の人間を守れる人間になろう!!←綺麗事だけど大切にしたい)

 

この動画、投稿を見てまず感じたのが

高齢者対周りの乗客という構図です。

殆どの乗客はこの現状に対し「傍観」という手段をとっていますが、彼女を積極的に擁護する男性が写っています。私のようなモテない人間から見れば、この二人はそこそこ親密な関係にあるんじゃないかと考えます。

それと同時に、なんだか無性に苛つくのです。

三者が説明しているようにも見える(まさに冷静な行動とも言えるけれども)状況ですが、実際は女性側の人間が車掌に説明しているわけです、ここに公平性もクソもないので、イラッとくるんでしょう。

 

 

 

本当はTwitterでこういうことを発信できればいいんですが、私も炎上を恐れる一人の人間ですので、はてなブログさんを隠れ蓑に後ろからチクチク刺していこうと思います。

 

 

ただし、僕が好きな経済学とかそういう観点からこの問題を見ると。

間違いなくおじいさんが悪いです。

最終的にこの列車の出発が遅れているよう見えますし、何よりこのような現場を見てしまった人々は生産性が低くなります。

そうなると最終的に社会の利益が損なわれているはずなので、このおじいさんが原因であるという結論になります。

例外として、

このおじいさんが実はめちゃくちゃ金持ちで、病院に数千万という単位でお金を使う人間であった。

この電車がめちゃくちゃ満員で、にも関わらず足を組んでいた。

等々が考えられます。

 

 

また、別の観点で見ますと。

彼女が電車内で足を組むことは彼女の好き(自由)ですので、新聞紙を用いたとしても暴力という行為で自由を奪っているおじいさんは悪者ということです。

 

 

 

感情論で物を言わせてもらえば

「女性が席を離れて車掌さんに助けを求めるとか、隣の男性が女性と席を変わるだとか、もっと問題を丸く収めるやり方がたくさんあったと思う。それをお互い頑固に座り続けるのがまた無性にイライラする。そしてそんな些細な問題をこうやって騒ぎ立てる自分にもイライラしている。ひまなのか、おれは。

それにおじいさんには病院に行く自由があるにも関わらず、病状を知らなに人間が電車を一本遅らせてくださいというのはいかがなものか。(正直大阪は都会なのですぐに電車は来るんでしょうけど)

つまり最初から最後までおじいさんが悪い!という印象を与えるのに十分で、被害を受けている女性は可愛そうだと思いやすいのであって、お互い頑固が故に問題が大きくなり、最終的に若者のツールでバカにされて、それを見て不愉快になった私がこの記事を書くことになってしまったのです。」

 

 

僕も面白い記事を書きたいですが、なかなか世の中面白い話題で溢れているものでして。

皆さんはどうでしょう。

どっちが悪いは溝を深めるだけなので、どうすればよかったと思いますか?

 

事なかれ主義の私と同じで、席を変えるが良かったのか(満員電車ならそれはできないのでなんともですが)

どっちかが電車を遅らせるべきだったのか(どっちかという点で善悪を決めなければならないのがまたジレンマ)

そもそも高齢者は区別して別の車両に乗せるか(結構現実的、乗車賃を安くするなどでWin-Win!)

 

若者と高齢者の深い溝、それを埋めることはできなくもないでしょうけど現実的ではないのでぜひそこを考慮した社会づくりが必要になってくるのではないかと思われます。